芸能人ご用達の抗不安剤と言えばプロザック!デパスの代わりに!

デパスとプロザック

抗不安剤とされている医薬品「デパス(でぱす)」の有効成分エチゾラムは2016年10月14日に向精神薬指定で輸入禁止になりました。
デパスだけでなくデパスのジェネリックでもあるエチラームも輸入が禁止になりました。
ですが、あくまでも輸入に規制が入っただけで実際に病院などではデパスは手に入れることができます。
デパスは抗不安効果だけではなく、睡眠障害に悩んでいる方に高い効果があると大変、利用者が多くいらしゃいました。
しかし、こちらの医薬品は依存症が高く、幻覚が見えるとの事で厳しくなりました。
特定な許可や資格を持った人ではないと輸入が出来ないこと、他の人に売ってたり、あげたりしてしますと向精神薬および麻薬取締法』で厳しく罰せられてしまいます。
では、他に抗不安剤睡眠障害で効果が得られる医薬品はないのかお探しの方が多くいいらしゃるのではないでしょうか?
今からご紹介致します医薬品は、デパスをこよなく愛した人達が次に効果の期待があると利用されてる方が多くいらしゃいます。
その医薬品はイーライリリーが開発致しました「プロザック」となります。
プロザックは有効成分フルオキセチンが脳内のセロトニンに働きかけて、気分を和らいでくれます。
軽いうつ病の症状がある方に医療機関で処方されおり、重度の症状がある方は効果が薄いとされますが、依存症や幻覚見るよう事がないので安全な薬になります。こちらの薬はうつ病以外に絶食障害や強迫性障害にも効果があるとされています。

プロザックのジェネリック医薬品もあり、開発者が気にならないのであればお財布にやさしい薬で節約にもなります。
抗不安剤を利用にあたり、知識や情報をきちんと知り服用して頂きたいです。
ご自身の判断で多錠服用、他の医薬品と一緒に服用などを行いますと吐き気、頭痛、イライタ等の副作用以上に死に至る事になります為、必ず正しい服用方法を行ってください。
又、個人輸入で購入した際は手軽に購入する事となってた分、自分で1日の摂取量が必ず守り、依存症にならないよに自己管理で調整してくのが大切です。
うつ病とかなと感じた場合、早めのストレス解消法で趣味やマッサージをする事をお勧めします。